ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
150802b (1)
パンクしたのでタイヤチューブ交換したのだが

150802b (2)
バルブの短いやつをを買ってつけてしまった。

150802b (3)
このようにバルブが小学生のポコチンみたいに短いと

150802b (4)
空気が入れれなくなる。あさひ製のポンプでは無理だった。
この金色のアダプターが奥まで入らない。

150802b (5)
携帯ポンプでも入らないやつが結構ある。これもうまいこと はまらなかった。
いくらやっても少しも空気が入らない。
このタイヤチューブの長さは34mmです。パナレーサー製

150802b (6)
前も失敗して知っていたのだが忘れていた。次は長いほうを買ってきた。

150802b (8)
パナレーサー製のタイヤチューブは34mm48mm
シュワルベ製のタイヤチューブは40mm60mmがある


どちらも定番で、店にもよく置いてあるが、34mm以外を買うことをおススメしたい。
40mmでもオッケーだと思うが、できれば長いやつがいい

シュワルベとパナレーサー製のタイヤチューブの違いは、まず価格。シュワルベ製の方が150円ほど高い。
あさひの店員さんは「シュワルベの方が持ちが良い」といっていた。
大差ないと思うが僕もシュワルベの方がいいかな、くらいの気持ちです。
立ち寄った店においてあるほうを買うのであまり気にしていない。

それと、理由は不明なんですが近所のあさひは
数年前までパナレーサーのチューブのみを置いていたのに
最近はシュワルベのタイヤチューブしか置かなくなっていた。本部の方針だろうか。

150802b (10)
34mmと48mmを並べてみた。別のパーツかというほどに違う。

150802b (12)
やっと見慣れた長さになった。これで安心。 




2015/08/02(20:50) パンク | コメント:9 | Page Top↑
150727q.jpg
今まで5回パンクした。トータルで見ると1100km走行ごとに一回のペース。
多いのか少ないのかわからんが、こんなもんではなかろうか。
しかし思い返してみるとパンクの原因はわからない。

ロングライドが多かったため いつも出発前に空気入れるようにしてたし
「なんか変なの踏んだな」とか「あの段差でやられたのか」みたいに
思い当たる事はなくて、普段どおりにに普段通る道を走ってたら
いつの間にかスローパンクした、ということばかりだった。 

そういうわけで反省材料がないので次に活かせるものは少ないが、
5回の経験の感想は「パンクは運」じゃねーかなと思う。

みんなで走ってても1人だけパンクしたりもあるし、
オリンピックで4年に一度の競技、しかも世界最高峰のロードバイクやタイヤ使ってても
パンクしたりするかと思えば、何年も何千キロ走ってもパンクしない方おられる。

パンクは突然に降ってくる とおり雨みたいなもんだと思ってわりきるようになってきた。

チューブやタイヤにも軽さを追求したものもあれば、耐パンク性能に特化したものもある。
今、後輪にはパンクしにくいと評判のツーキニストタイヤを入れてるが
それから後輪パンクはいまのところナッシングです。

2015/07/27(21:05) パンク | コメント:2 | Page Top↑
150719 (68)
サイクリング中、前輪に違和感。ハンドルをきった時にいつもと違う感覚があり、
見てみると空気が抜けてきていた。

家を出る前は7.2barほど入れたが、触った感触は4.8barほどしかなくグミみたいになっとる
空気を入れたのは2時間前なのに、これほど抜けるのはおかしい。スローパンクだ。
チューブに小さい穴があいてしまい、少しずつ空気が失われている。

自宅まで10km。 
このまま走って帰るのは無理だが、空気をマックスまで入れればなんとか持ちそうな距離。

150719 (69)
運の良いことに近くにホームセンターがあったので、空気入れをお借りした。
この空気入れは普通の自転車用(英式)ですが

150719 (71)
プレスポには バルブ変換アダプターが最初からついている。

150719 (72)
まず仏式バルブの先端を緩めて
(画像では締まった状態になっている)

150719 (73)
上から変換アダプターをつけて

150719 (74)
空気入れをセットするだけ。

150719 (75)
このままポンピングすればどんどん空気は入っていく。
普通の空気入れだが、7barくらいは余裕でいけた。

もちろん携帯ポンプも持っていたのだが、真夏はとても大変。
高圧になればなるほど固く、一回一回のポンピングにフルパワーを要求されるので
空気入れの貸し出しは非常にありがたい。

また変換アダプタも数百円と安く、サイズも小さい。
ガソリンスタンドの空気入れも使えるのでサドルバッグに入れておくと
いざという時かなり助かると思う。

150719 (77)
空気いれた後は、なんとか無事自宅まで帰れました。
開いた穴の大きさにもよると思うが、40分くらいならなんとかなった。

あとでチューブ交換しなければ




パンク暦まとめ
1回目
購入から2ヶ月、走行距離500km スローパンク 後輪  

2回目
購入から9ヶ月、走行距離2900km。タイヤバースト 後輪

3回目
購入から1年3ヶ月 走行距離4000km スローパンク 後輪

4回目
購入から2年1ヶ月、走行距離4950km スローパンク 後輪

5回目
購入から3年3ヶ月、走行距離5500km  スローパンク 前輪
前輪は初。かなり持ったなぁー。空気抜け切る前に気づいたのも初めてだった。
2015/07/21(20:52) パンク | コメント:4 | Page Top↑
140510 (2)ss
前回のサイクリングで通算4回目のパンクしました。
総走行距離 4950kmでの出来事で10ヶ月ぶり。
スローパンクというやつで、気がついたら空気がスカスカでした。

140510 (1)s
気づいた事

・4回とも後輪のパンクだった

  呪われてんのか、というくらい後輪のみ。皆さんもそうなんでしょうか。
  やはり後輪は体重の負荷が大きいと思われる
  スローパンクが多いが、スローパンクの原因は不明。

・最近パンクがなかったのはチューブ変えたおかげ?
 パナレーサーのチューブ使ってましたが
 最近はシュワルベのタイヤチューブ使うようになったらパンクが減った気がする。
140510suw.jpg

パナレーサーとの価格差も100~200円くらいなので許容の範囲内。
あさひで1100円 アマゾンで900円くらい

・ひっくり返してタイヤとればなんとかなる
  車輪を外すときは「ブレーキワイヤー開放」とか「ギアを外側に」とか
  メンテ本に書いてるけど そんな事しなくても空気スカスカなら車輪は簡単に外れる。
  
  ギアも緩めにしてから外したほうがいいけど、焦っていたため忘れていた。
  でも取り外しも取り付けのときも困らなかった。ちょっとはまりにくいな,くらい。

・携帯ポンプは気をつけて使わないとバルブが曲がる
140510-66.jpg
携帯ポンプは空気入れるのに結構な力がいる。
その時に変な方向に負荷をかけないように、しっかり押さえてやるようにしよう。


そろそろリムテープの交換もやってみないと。


2014/05/11(08:04) パンク | コメント:2 | Page Top↑
朝 プレスポを見ると後輪のタイヤの空気が抜けてスカスカに。
タイヤとチューブを外して見てみるとチューブに1mmくらいの小さい穴があいていた。

総走行距離 4000kmくらいの出来事。

そして今までの3回のパンクは全て後ろのタイヤです。
後輪の方が体重の負荷が大きいからだろうか。

20130721 (1)
チューブ交換して 平城宮跡へ。
暑いせいか人が全然いない。


20130721 (3)

休んで後輪を見ているとタイヤの位置がおかしい。
斜めになっているような感じで タイヤをつかんで左右に振るとグラグラと揺れる。
走っていて違和感はないが これはオカシイ。

IMG_9539.jpg

幸運な事に異変に気づいたところの近くに あさひがあったので見てもらうことにした。

店員さんによると
「後輪のホイールのハブにガタがきていた。グリスアップしたら大丈夫だと思います」
「前輪と違い、後輪は駆動部なのでグリスが切れやすい」とのこと。
 グリスアップは なんと無料でやってくれるという。ありがたい。

(ハブのグリスアップ。専用の工具が必要のようだ。)


1時間ほど待って作業完了。
異変に早めに気づいたのでハブもそんなに傷んでなかったようです。ラッキー。
「またすぐ不具合がでたらホイールごと変えましょう、プレスポならそんなに高くない」
との事でした。


購入から1年経ち、4000キロ走ると色々メンテが必要になってくるなぁと感じた。
ヘッドパーツとか前輪のグリスアップも自分でできるようになりたい。
とりあえずグリスは買ってるので知識と工具を揃えてやっていこうと思う


2013/07/21(16:46) パンク | コメント:0 | Page Top↑