ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
ロードを買う時に「20万円以内で」という方向でやっていたが、
出来てるかどうか確かめてみようと思う。

かかった費用まとめ

141112skkj1 (5)
BASSO LOTO 14万9,900円
防犯登録  500円


141205a (1)
ボトルケージ 1,000円
サイコン 4500円 (サイコンとボトルケージの紹介記事)
バリアスコート 2800円 (紹介記事)
サーファス製ポンプ 3400円(紹介記事)

141205a (2)
ツールボックス 800円
鍵 800円
タイヤレバー 400円
予備のタイヤチューブ 800円
CO2ボンベ 1550円
(紹介記事)

141205b.jpg
猫ライト 1400円 (紹介記事)
ヘルメット 1万3300円 (紹介記事)
インナーパンツ1200円 (紹介記事)
ディスプレイスタンド 1400円

20141030205756121ss.jpg
テールライト 1000円(紹介記事)

141112ktbdp (1)
141112ktbdp (2)
ペダル PDA530 5400円 
ビンディングシューズ 7700円
 (紹介記事3-1 3-2 3-3)

合計額は19万7850円。

ロードバイク 15万
その他の費用 5万
と言う結果に。
あんまり意識はしていなかったが、
ギリギリ20万以内を達成していました!

ちなみに買ったものの中で、「これは要らなかったな」というものは無いですが、
人によってはペダルは普通のフラットのやつでもいいかもしれません。
(僕もサイクリングの半分くらいはフラット部分使ってます)
フラットペダルなら専用の靴もいらないし、1万ほど費用を抑えられます。

今欲しいと思ってるのはウェア。
サイクルジャージとサイクルパンツの上下をそろえたりしたい。
今のとこ、それくらいかな。 

-----------
関連記事 …ロード購入までの道
01 使用目的と費用、重視する点を決める
02 ショップで相談してみる
03-a 20万以下のロードを集めて比較
03-b 20万以下のロードからどれにするか考える

04 予算変更とコーダブルーム外し
番外編 BB30についてキャノンデールで聞いてみた
05  候補を絞る&良い店見つけた
06 ロード選び,最後の2択
07 色とサイズ選択&注文確定
08  納車!30km乗って帰る



今後のレポートは
ロトのインプレでまとめていきます
140815a.jpg

ロード購入までにあたり、書けなかったけど役立ちそうな話を2つ。

・9月~11月が安く買える

スポーツ自転車は毎年新しいモデルが出ます。
7万のロードでも50万のロードでも同じ。
僕の買ったロトも2013年版があるし、2014年版が出てる。

新しいモデルといっても性能、パーツ的にはほとんど違いはなく、
色が変わるくらいです。たまにまったく変わらないこともある。

新年度のモデルが出るが出るのは9月~11月だそうです。
そうなると今までのモデルは古いやつになり、
店としてもずっと置いとくわけにはいかないので結構 割引してくれます。

これを利用すると、あんまり値引きのないメーカーでも安く買えることもあります。
(めっちゃ人気のあるロードはそれまでに全部売れきれたり、色やサイズが選べなかったりする事もある)

・最初のスポーツ自転車は近くの個人ショップのほうがいい

最初はワイヤーの伸びとか、チェーンオイルの注し方とか異音トラブルなど
わからないことも多いので、すぐに直したりしてくれる近くの店がおすすめです。
その店で買ってたら、日常メンテなんかは無料でやってくれます。

あとは店でサイクリングイベントとかもやってたりすると友達も作りやすい。

そういう僕は遠くのショップで買いました。
どないやねん、と言う感じですが僕の場合は

・近くの良い店(キタサイクル、KOG)が車で40分くらいかかるところだった
・遠い店のカンザキに欲しい自転車が見つかった
・歩いていける距離にあさひがあるので、何かのトラブルがあってもどうにかなること

があるのでカンザキで買う事になりました。

あさひで買ったわけではないので、あさひでのメンテは有料ですが、
チェーン店なので修理だけでも嫌な顔されないだろうし、安心感がある。

また近くの個人ショップは在庫が少ないので取り寄せまで時間がかかってしまう。
手に入る時間の目安は
店に在庫あり → 即日~3日
店に在庫ないけど、国内に在庫あり → 2週間~1ヶ月くらい
国内に在庫がない → 数ヶ月

そんなわけでケースバイケース、人によってどこがいいかは変わります。
メンテナンスは全部自分でやるんじゃー!タイプの人はどこで買っても大丈夫
今までの流れ
01 使用目的と費用、重視する点を決める
02 ショップで相談してみる
03-a 20万以下のロードを集めて比較
03-b 20万以下のロードからどれにするか考える

04 予算変更とコーダブルーム外し
番外編 BB30についてキャノンデールで聞いてみた
05  候補を絞る&良い店見つけた
06 ロード選び,最後の2択
07 色とサイズ選択&注文確定

準備完了、店まで行って初対面

140813loto (34)
ロードバイクは室内保管するつもりなので
ミノウラのディスプレイスタンド [DS-30] を買っといた。
アマゾンで1350円くらい。使わない時は折りたたんで置いとける。

140813loto (1)
そして電車を乗り継ぎ、カンザキバイク エバーレ店までやってきた。
このマンションの一階です。
「loto取りに来ました」というとメガネの店員さんが奥から持ってきてくれた。

1408111.jpg
初めて自分のロードバイクと対面。
なんつーか、ただならぬオーラを発している。
初めて好きな有名人を見たときのような気持ち、ドキドキで胸いっぱい。

これに乗れるのかー。夢みたいだな。

取り付けはすべて無料

店員さん「ペダルどうしますか?」
ロトはペダル無しのバイク。
僕 「持ってきたんでコレ着けてください」
といって片面SPDペダルのPD-A530を渡すとすぐに着けてくれた。

サイコンやボトルケージ取り付け、ペダル取り付けもすべて無料でした。

140813loto (9)
店員さん「あと、ワコーズのバリアスコートどうですか?フレームがキレイな状態維持できますよ」

カーボン製は長い事乗ってると黄色く変色する傾向にあるらしい。
それも防げるんでどうですか、ということだった。価格は2800円。

「買ってくれたら無料で塗っておきますよ。」と言われたのでこれもお願いしておいた。
つやが出てきれいになった気がするが、もともと新車でピカピカなのであんまりわからない。
車のワックスみたいなもんですね。
スプレー残量はまだまだあるので1年は使えそうだ。

防犯登録に記入した後はお会計
BASSOのロト 149,900円
キャットアイのサイコン(CC-MC200W) 4500円
ボトルケージ(トピークのサイズ調整できるやつ) 1,000円
バリアスコート 2,800円。

サイコンはHP価格より700円も安かった。ラッキー。

総合計の値段は15万8200円
他店ではロトだけで20万くらいするので激安である。ありがとうカンザキバイク。

店員さんからのアドバイス

変速のやり方や注意点を教えてもらう。
「ギアは軽くしてペダルをクルクルまわすように走ってください」
「一ヶ月点検も無料でやってるんでまた来てね」
「なにかトラブルがあったときも気軽に来て下さい」


これで納車は完了!
店を出てすぐに撮影タイム。

140813loto (5)
140813loto (7)
ブレーキは安心の105
140813loto (6)
ワイヤレスのサイコン。

家まで30キロ、いきなり乗って帰る

ロードバイクに一度も乗ったことのない男が
大阪から自宅の奈良まで走って帰る。

140813loto (11)
心配もあったが、淀川沿いにサイクリングロードが広がってるので安全に走れる。

初めてロードに乗った感想は
思ったより前傾姿勢で上半身の力がいる!
推進力がすごい!タイヤが勝手に回る
お尻が痛い!


クロスバイクと比べると、快適性は減るが走行能力がかなり上がる。
時速25キロくらいかな?と思ってサイコンを見ると30キロ。静かにスーッと速い。

変速機の使い方は5分で慣れました。
右側がリアの変速、左側がフロントの変速、というのもクロスと同じだし、
頭で考えなくてもすぐに出来るようになると思う。

同様にお尻も5分で痛くなる。サドルは公園のベンチみたいに固い。
これも慣れるとかなりマシになるらしいが、今のところ「マジか」という感じです。

ずっと憧れていたロードに乗ってるんだという精神的満足感がかなり大きい。
クロスとは違った走る喜びもある。
そんな風に楽しんでると、いつの間にか家にたどりついていた。

ほかの付属品など

140813loto (17)
ロード引渡しと同時にもらった付属品。

奥から
シマノのコンポ説明書
自転車の取扱説明書
防犯登録の控え
反射板、
サイコン説明書、
バリアスコートとタオル。

けっこう荷物になるので、乗って帰る場合はカバンが必須になるだろう。

140813loto (24)
防犯登録は警察で10年保管。お世話にならないことを祈る

140813lf.jpg
自転車には1年保障がついていた。
取扱説明書は乗る前の点検とかサドルの調整方法など一般的なものです。



140813loto (35)
事前に買っといたディスプレイスタンド [DS-30] の説明書。
手で少し広げて、後輪の中心部分にあわせればオッケーみたい。

140813loto (40)
すぐに出来た。安定感は抜群。
いやー 本当にうれしい。 
この記事書いてる今も、すぐ横にある。

感謝

購入にあたり、たくさんの人からアドバイスや応援をもらいました。

プリン屋さん
和ラリーマンさん
ピクミンさん
よいちさん
TOKさん
プレスポ愛好家さん
phibra2さん
赤空さん
masayanさん
kotaroさん
E4さん
福さん
ヤマタニさん
名無しさん、
そして見てくださったみなさん

ありがとうございました!

ブログやってなかったら
なんだかんだ言って、まだ買ってなかったと思う。
本当に本当に感謝しています。ありがとう

よーし、今日からお盆休み、いっぱい乗るぞ!!!!

0813tenki.jpg

f4a.jpg

おわり

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 ブラック
MINOURA(ミノウラ) (2012-05-21)
売り上げランキング: 9


basso13-loto.jpg
01 使用目的と費用、重視する点を決める
02 ショップで相談してみる
03-a 20万以下のロードを集めて比較
03-b 20万以下のロードからどれにするか考える

04 予算変更とコーダブルーム外し
番外編 BB30についてキャノンデールで聞いてみた
05  候補を絞る&良い店見つけた
06 ロード選び、最後の2択

BASSOのロトを買う事に決定した。

lotoiti.jpg

ロトとはコンフォート系といってロングライド向き、姿勢が楽なタイプのロードバイク。
ジャイアントで言えばDEFY、トレックで言えばドマーネシリーズみたいなもんです。


サイズ選択、カラー選択

サイズ選びは重要で、合わないと自転車の持つ本来の力を発揮できない。
メーカーによっても大きさが違うので購入前に確認はしておいたほうが良いそうだ。

カンザキに行ってサイズ確認しておいた
僕 「ロト買いたいのでサイズ確認お願いします」
店員さん「身長は?」
僕 「178cmです」
店員さん 「530ですね」

そんなあっさりでいいのだろうか・・・3秒で決まった。

しかし事前に他の店でサイズあわせとかしてたし、許容範囲の数字だったので問題なし。
ちなみに僕の身長の場合、キャノンデールで52か54、ジャイアントではMサイズ(500)だった。
500~530が多い。

次は色だ。ロトは2色ある。

basso-loto_2.jpg
レッド/ホワイトと

140811tk.jpg
ブラック/ホワイト

色は・・・・メチャクチャ悩んだが、ブラックにした。
面白みはないが飽きの来ない色だし、
サイコンとか他のパーツで明るい色使ったらちょうどいいかな。
一番の決め手はどんな色のバーテープにしても似合いそうという点だ。自由度が高い。

ショップとのやり取り

カンザキバイクとはメールのやり取りで注文確定した。
住所、氏名、電話番号、買うロードとサイズと色を書いて送信。
24時間以内には返信が来る。

僕 「ロトください。 サイズ530で色はブラック。住所、氏名、電話番号は~~です。 
   ついでにサイコンとボトルケージも買います。
   ペダルはすでに買ってあるんですが、コレ持っていったらつけてくれますか?」


カンザキ 「メールありがとう、サイコン取り寄せ2日かかるけどいいですか?
      サドルやサイコンの取り付けもやります。あと防犯登録に500円かかるよ」


僕 「全部了解しました。 注文確定でお願いします。」

カンザキ 「オッケー。組み立てに2、3日くらいかかるよー。出来たらまた連絡します」

と言うやりとりをメールでやりました。
なお通販で買う場合は防犯登録代は不要です。

そして2日後、電話がかかってきた
「出来上がりました。いつでも取りに来て下さい。」
「お店閉まるの7時なので、来る時は6時半までにお願いします」


あとはお金もって取りに行くだけとなった。
ペダルを持っていくの忘れないようにしなくては。
08へ続く。


140803.gif
01 使用目的と費用、重視する点を決める
02 ショップで相談してみる
03-a 20万以下のロードを集めて比較
03-b 20万以下のロードからどれにするか考える
04 予算変更とコーダブルーム外し
番外編 BB30についてキャノンデールで聞いてみた
05  候補を絞る&良い店見つけた

予算16万以下でカーボンロード探し

kanzaki-ebare (4)
というわけで激安自転車屋、カンザキバイクにやってきた。確かに安い!
良い店とわかったのでここで買おうかなと思っている
(カンザキバイクの詳細な話は別記事でまとめました)

気になった自転車は
140803 (1)
まずは前からチェックしてた
クオータのKORSA(コルサ)。 ティアグラ仕様、2013年モデル
定価¥168,000 → 販売価格¥138,240(税込みの総額) 
レーサー系になるが初心者でも問題なく乗れるロードらしい。

140803 (2)
HPチェックしてて一番気になってたのがこれ。
ジオスのGRESS(グレス)  105仕様、2013年モデル

定価227,340 円  → 販売価格149,800 円
定価が予算オーバーなのでまったくチェックしてなかったロード。
ワイヤーも中通し(フレームの中を通ってる)ので見た目スッキリ。

140803 (4)
ガノーのジェネレーション ティアグラ仕様、 2014年モデル。
定価 213,840円 → 販売価格¥119,900 円(税込)
まさかの45%オフ。アルミのティアグラ仕様くらいの価格になってる。
ガノーらしいオシャレ感。

どれも全国配送してくれるので、関西に住んでなくても買えます。
本州なら送料5000円くらい。

ひとつに絞ったかと思っていたら 

140803gress.jpg
HPで見ていた時はとにかくグレスが一押しだったのだが、実際に目で見るとなにか違う。
良いロードなんだけど、波長が合わない感じ。サイズも大きめしか残っていなかったのもあって断念した。

ガノーのジェネレーションはブレーキがシマノ製ではなく「IDX ALLOY CALIPER」になっている。
少し心配なのでシマノ製に変えたほうがいいかなと思う。

140803p (1)
コルサはブレーキもシマノ製だし、イタリア製らしいカッコイイデザインでデメリットは見つからなかった。

やっぱりコルサかなーと思いながら店内を回っていると1台のロードが目に入った
basso13-loto.jpg
BASSOのLOTO。 105仕様、2013年モデル
非常にシンプルな見た目。少し丸みを帯びた流線のフォルムも良い。
価格は定価 231,000円 → 販売価格149,900 円

あれ?これめちゃくちゃいいんじゃね?
サイズもいっぱいあるし。コンポも全て105だ。 
カンザキのHPも見てきたつもりだったが、完全なノーマークだった。

気に入ったものの、まったく聞いたことのないロードだったので帰って調べる事にした。
この日の帰り道、電車の中で「コルサかLOTO、どっちかにしよう」と決意した。

LOTOは2013年から作られた新しいロードバイクだった

basso-loto_2.jpg
新しいロードであり、そんなに有名なメーカーではないので評判はネットには載ってませんでした。
わかったのはコンフォート系のロードバイクって事と
BASSOはフレームにこだわった良いメーカーって事くらいです。

しかし見れば見るほどカッコイイなー。
もともと、こういう丸みのあるフレームが好きだった。クオータのカルマなんか最高っす。
画像を見てはウットリする日が数日続いた。

迫られる2択

コルサなら13万8000円くらい、ロトなら149900円。
1万円ほどの差。どっちも捨てがたい。

コルサはずっと温めていたロードで気持ちも入ってるし、周りの評価も高い。
ロトは性能は不明だがデザインが素敵。
もう一度、両方の自転車を見に店まで行ったりもした。

悩みに悩むも、なぜロードを買うのか、ロードで何をしたいのかをじっくり考えてみた。
・プレスポでは行けないような遠くまで行ってみたい、楽しく走りたい
・自分が好きな自転車に乗りたい


そうすると、今まで悩んでいたのが不思議なくらい、瞬間的に結論が出た。
「ロトを買えばいいんじゃない?」心の中にいる自分がそう呟いた。
やっぱり気持ちはこっちに傾いていたんだな

よし、決めた! LOTOを買おう!

・・・でも5分後、「やっぱコルサもいいなあああああああ」と言い出す僕。
だれかたすけて。

しかし一度決めたので もう大丈夫、次の段階に進みます。ロト!
つづく。