ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
okuribito.jpg

納棺師を描いた「おくりびと」という映画は
海外でも上映されていて、タイトルは「departures」 出発・旅立ち、という意味。

日本のタイトルは送り手目線だが、海外では旅立ちという死者目線になっている。
海外のタイトルをつけた人の意図はわからないけれど、葬式や死生観の違いを感じる。


そーいやアメリカのアニメ映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 原題は「Up」だった。
何よりシンプルを愛するこの僕でさえupには「もーちょっと考えたほうがいい」と思った。


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する