ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
d20c47ec.jpg

「クロスバイク 事故」で検索していると
TBSで 突然の事故!自転車ブームの落とし穴 (2010/4/3 放送)という
ニュースがあったのを見つける。
こちらのページが上手いことまとめてくれていてニュース動画も見れます。

流れ
2002年に名門「ビアンキ」のクロスバイクをネットで7万8000円で購入
            ↓
2008年8月、走行中に突然 前輪部分が脱落して前のめりに転倒。
頚椎が損傷、首から下が麻痺して動かせなくなる
            ↓
事故原因はサスペンション内部の水が排出されず、腐って折れたこと。
本人「雨の日は乗らないし、普段も大事に保管していた」
             ↓
  欠陥による事故として提訴。輸入元に損害賠償請求



自転車乗らない人にはわからないかも知れませんがビアンキは有名で老舗なイタリアのメーカー。
イメージも決して悪い会社ではなく、一流に属するところだと思います。


bianki.jpg
その後、どうやって商品がつくられたかが明らかになった


①ビアンキの商品だがビアンキは設計、部品の選定、製造に一切かかわっていない

②輸入・販売はサイクルヨーロッパ 「商品の企画、生産にはかかわっていない」と言う。

③設計・企画は大阪のアキボウ。サイクルヨーロッパの子会社。「サイクルヨーロッパに対応を任せている」

④組み立ては台湾ホダカ 「俺たちは組み立てただけ」

⑤サスペンションはRST 「事故は知ってるが保険会社に任せている。」



事故した人が言う。「ビアンキが作ってると思っていた」

俺もそう思っていました。
製造はアジアなんだろう、くらいはわかっていましたが検査もなく一切ノータッチだったとは。
二輪に乗る者として骨折くらいは覚悟してるが半身不随は恐ろしすぎる。



2013 3/27追記・ ビアンキの自転車事故で1、5億円賠償命令
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する