ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
IMG_0049213.jpg

ツバメが低く飛ぶと雨が降る」と昔から言われています。
雨が降る前になると空気中に水蒸気が増え、ツバメの餌になる小さな虫たちも
羽に湿り気を帯びるため低く飛ぶことになる。
これをツバメが食べるために低空を飛ぶからだそうです。

そして京都の自転車道ではツバメを近くで見ることができます。(流れ橋付近に多い)
鳥には詳しくないのであんまりわからないんですがスズメくらいのサイズで、
羽をバタバタ動かさずに俊敏に飛び回っていて とにかく速い。

そんなツバメ達ですが、いつ見ても低空飛行してる。
僕がこの道を走るのは晴れの日ばかりで、天気予報もバッチリ雨の気配ゼロなのですが
彼らは地上数十センチを飛んでいる。どういうこっちゃ。

雨の日はもっと地上スレスレを飛んでるんだろうか。





この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する