ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
自転車のフレームの素材は大きく分けて3つあって

65193s.jpg
アルミ

低コストでそこそこ軽量。剛性があってキビキビ動く。
そのかわり衝撃も伝わりやすい。
なのでフロントフォーク(前輪とフレームを支えてる部分)にカーボンが使われている事も多い。

最も作られている一般的なフレームで
普通のシティサイクル(ママチャリ)にも使われている。

プレスポはフロントフォークもアルミ。

9431311_800_1s.jpg
カーボン

とても軽く、衝撃吸収性があって疲れにくい。デザインの自由度も高い。
軽快に、快適に、そして速く走れる。

デメリットは値段が高いこと。ダメージに弱く 傷がつくと断裂してしまう事もある。

見た目ではアルミとカーボンの違いはわからない。


img59809739s.jpg
クロモリ

アルミより重いが アルミより衝撃吸収性がある。
長距離をゆっくり走るならこれが一番と言われている。
フレームが細くスタイリッシュ。

反面、鉄なので錆びやすい。でもしっかり保管すればかなり長持ちする。
クロモリを使ってるメーカーは少ない。



-----------------

…というのが僕の理解ですが
色々見ていると素材だけで自転車はわからないようだ。

アルミでも柔らかくて乗り心地がいいものがあったり
カーボンでも固くてシャキシャキ走るのもあったりと
設計や製造でかなり柔軟に変わってくる。

もちろん素材が違うので基本性能に差はあると思いますが
アルミだから、カーボンだからというだけでは語りつくせない点も多いとのこと。


o0500031011936497948.jpg
例えばアルミである、キャノンデールのCAAD10 5 は軽くて衝撃吸収もすごくて
カーボン買おうと思ってた人が試乗して購入してしまった、という記事を何度か目にした。


そうなってくると素人の僕としては
「どういう基準で探したらいいの」という悩みが出てくる。

僕の場合、実際に買って乗ってみたら
「なるほど、コレはこんな感じか。…まぁどれでもよかったかな」と思えるんですが
買う前や探してる時は これでもかというくらい迷います。


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する