ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
130926s.jpg
現場の国道308号線(大阪)。交通量の多いの幹線道路だ。

夜の12時半ごろ
客を乗せて発進しようとしたタクシーが、自転車で後方から走行してきた男性(33)と衝突しそうになった。

タクシー運転手の男(38)は客を乗せたまま200メートルほど自転車と併走。その後口論となった。

自転車の人がタクシーを蹴る

これにタクシー運転手が激昂。
「腹が立った。体中の血が沸き立ち、次の瞬間アクセルを踏み込んでいた。殺してやろうと思った」
タクシーの前方に出た自転車に追突、はね飛ばし殺人未遂容疑で逮捕された。
自転車の人は顔に軽症。

読売新聞より


---------------

タクシーの人は不注意ではなく「殺そうとして」はねたので
傷害罪ではなくより重い殺人未遂という罪で処罰されることになる。

そして運転傷害等【特定違反行為】になるので違反点数は45点になり
免許取り消し、さらに最低でも5年は免許が取得できない。

自転車の人もイカン。大人の争いは手を出したほうが負けだ。

…しかし僕も車を運転していて危ない自転車に出くわしたり、
自転車を運転していて左右確認しない車に
急ブレーキ踏んだ事もあるのでどちらの気持ちもわかるのが悲しいところだ。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する