ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
130930.jpg

日本人がプレゼントするときは「つまらない物ですが」

アメリカ人がプレゼントするときは「素敵な品を持ってきたよ」と言う。


日本人の意図は
「あなたのように素晴らしい方のお口にあうかわかりませんが」という謙遜

アメリカ人の意図は
「素晴らしいあなたにとっておきの物を差し上げたいと思う。気に入ってくれると思うよ」という歓待。


どちらも相手を持ち上げ、もてなしの心という意味では共通であり
日本では自分を下げ、 アメリカでは相手を上げるという違いがある。



最近は「つまらないものを人にあげるのか」という批判や
ネガティブな要素も強いと言う事で
「ほんの気持ちなので」 「ささやかなものですが」
という言葉を使うし、使われることが多くなったと思う。

アメリカ式のもてなしも明るくていいなと常々思っており使ってみたいのだが
僕のような日本人がイキナリ「君に素敵な品を持ってきたよ」などといったのなら
逆に無礼な振る舞いになってしまうと思い実行できないでいる。 うんこ

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する