ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
131110.jpg


偉人や成功した人の本をたくさん読んでるとみんな同じ事を書いている。

それも早起きしろ、体は鍛えておこう、掃除をしっかり、人の気持ちを考えて行動するとか
誰もが知ってる、当たり前の事ばかり書いている。

なぜこんな当たり前の事を広く伝えようと本にまで書くのか。
もっと突っ込んだ話をしないのはなぜなのだろう。

理由は2つ考えられる。
ひとつは、当たり前の事が当たり前に出来る人が少ない、ということ。

掃除しなければと思っていながらも、
なんだかんだと後回しになり、どんどん部屋が汚れていくというのはよくある。


ある企業に研修の講師として行った方が
チームワークを高めるため、お客様と良い信頼関係を築くために、挨拶を大切だと思う人は手を挙げてください」
と聞いた。部屋にいた全員が手を上げる。

そこで「じゃあ毎日、最高の挨拶をしていると確信を持っている方は手を挙げてください」
と聞くと誰も手を上げない。

この企業は誰でも知ってる一流の会社で、優秀な社員が集まる研修だったらしいが
それでもこんな結果になっている。

何よりもまず当たり前の事をしっかりできるようになりなさい、というメッセージなのだろう。

---------------

もうひとつの理由は当たり前の事がもっとも大切だからだと考える。

基本的なことをしっかり出来ている人は信頼もされるし周りに安心感をあたえ、
「どこに行っても上手くやっていくんだろうな」と感じさせられる。

どれだけ仕事が出来て面白くて ちんこがでかい人でも
挨拶ができかったり感謝や謝罪の言葉が言えない人は信頼されない。

プロのスポーツ選手も練習は難しい事をやったりしない。
柔軟体操をしっかりやり、延々と基礎中の基礎の繰り返しをする。
平常時の力を試合に出せるようにイメージトレーニングも欠かさない。

彼らプロ選手も偉人や成功者たちと同じように当たり前の事をとても大切にしているように見える。
きほんをだいじに。これはどんな世界でも通用するものではないだろうか。

あまりにも身近すぎて、その大事さになかなか気づく事ができないけれど
当たり前の積み重ねこそが 幸福や成功への近道なのだと思う。

そう考えつつも僕は部屋の掃除は来週でいいかと思うのであった。うんこ

この記事へのコメント
挨拶は本当に大事だと日頃から痛感してます。 私の会社で 一人困ったパートのオバサンがいます。仕事は良くできる人なんですが スタンドプレーが多く 仕事がイマイチの遅い人に威張りちらし 忠告すると、周りに挨拶もしなくなってます。 仕事が出来るだけに そう言うマイナス要素があるがため良い評価が得られない人は かなり損してる事に気づかないんでしょうかね?
2013/11/11(月) 17:59 | URL | ピグモン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ピグモンさん、こんばんわ
それは困った方ですね。。。損している事にも気づいてないと思います。
なまじ能力が高いばかりに周りの人をないがしろにしてしまっているのかもしれません。

こうして振り返ってみると、子供の頃は「おとなってちゃんと出来る人ばかり」と思っていましたが
大人になればなんてことはない、子供の社会と何ら変わらない。
子供のまま大人になっちゃったなという人が多いなとニュース見てると感じさせられます
反面教師として自分にも上手く取り入れていきたいっす
2013/11/11(月) 23:07 | URL | とら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する