ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
131127a.jpg

5年以上前になるがメイド喫茶に行ったことがある。
オタクの聖地である大阪の日本橋に何店か出来たと聞き、寄ってみた。

「おかえりなさいませぇぇー☆」

扉を開くと甘ったるい声
身長150くらいの20代前半と思われるメイド服の女性が出迎えてくれた。
リボンもついたフリフリのスカートである。良いですね。

「こちらのお席へどうぞおぉーー」

店内はピンクを基調とした作りになっていて、すべてがファンシー。

「こちらがメニューどぇーす
きまったらお呼びくださいませぇぇーー」


シャブでもキめてるんだろうか、というくらいテンションが高い。
一緒に行ったオタク友達の中森君と「な、なんかすごいね」と言い合っていた。

その時メイド喫茶は満席で、僕らは他の席より少し離れた端っこに案内された。
近くには厨房やメイドさんが出入りする部屋の近くにあり、
メニューを見ていると部屋から声が漏れてくる事に気づいた。

・・・・そ・・ありえ・・・・・ぎゃは・・・

二人で耳を澄ます。

メイドA「アー・・だるー。。今日もまたあいつくるんかなーー」

メイドB「サチ目当てだから来るでしょあのキモデブwww 相手よろしくーー」

A「もーホンマ嫌やってーー 生理的に無理。
 ウチ今日夜までシフト入ってるし相手する元気ないわー」


さっきまで僕たちを案内してくれた声とは違い、低音のボイスが響く。

僕「…」 友達「…」

A「メニューはお決まりですかぁーご主人様ぁーー☆」

僕たちはずっと目を伏せたまま注文を済ませ、カフェオレを一気に飲み干し会計を済ませた。


癒しを求めにメイド喫茶に入ったら、ぶりっ子女性の表と裏の顔を見せられるとは思わなんだ。

かなり省略して書いてるけど、
僕たちが入店して出るまでずっと色んな人の悪口いってました・・・
控え室に入った瞬間に声質が変わるメイドさんは凄いインパクトだった。

まだあんのかなあの店。
今日、メイド服で歩く女性をみてふと思い出した

この記事へのコメント
人は多くも少なくも表と裏を持っていると私は思いますよ。
それを面白いかたちで見ることができました。ありがとうございました。
人の表裏とTwitterとの関係で今めっちゃ苦しんでます...
今は悩んで当たり前の時期かもしれませんがね〜...
2013/11/27(水) 23:10 | URL | N.E.T #-[ 編集]
Re: タイトルなし
N.E.T さんこんばんわ。
ツイッターの関係というのはやはり人間関係問題でしょうか。
ツイッターに限らずsnsというのは他者との距離が難しいですね。。
踏み込みすぎても辛く、近づきすぎても もどかしいというジレンマがあってなかなか面倒です。
リアル関係の人とネットで関わりあうと切れないですし、僕のように好き勝手にとはいかないかもしれません。

今の時期は悩んで当たり前、と割り切っていいと思います。
その苦しみは必ず将来役に立ちます。思いつめない範囲で対峙してみてください
2013/11/28(木) 23:48 | URL | とら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する