ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
140311.jpg
小さな商店街にある個人経営のお店。

外から見ても商品が売れてる気配はないし、客が入ってるようにも見えない。
明らかにさびれているのに長い事 潰れずにやってきている。

どんな町にもこういうお店はあると思う。

個人経営の自転車店もそういう不思議なショップの一つで
お客の出入りも少なくて
土日は「イベントに出かけてるのでお休みしまーす^^」
と書いてあるのを見るといつ利益あげて、どうやってメシくってんのかなと不思議に思う。

常連さんや地元の人の修理だけでやっていけてんだろうか。
大人になってもわからないことだらけの世の中だ
この記事へのコメント
No title
明らかに寂れているのに潰れない理由は、持ち家なので家賃がかからない、地元の企業や学校などに定期的に制服や靴、文房具などの消耗品や備品を売っている、ネットショッピングで稼いでいるなどがあると思います
タバコ屋は各地に設置してる自動販売機で結構な利益を得ているとテレビで見たことがあります。
自転車屋に関しては最近競争が激しくて結構潰れる店が多いと聞いたことありますね
2014/03/11(火) 22:10 | URL | いつも見てます #YjTMmlic[ 編集]
Re: No title
いつも見てますさん、こんばんわ。
なるほど、そういう理由でつぶれてないんですね。理由を見れば見るほど、
イオンなどの大企業とまったく逆の道を進んでる感じだけど、それでも上手く行くもんなんすね。
小さな電気屋は少し割高だけど、地元ならではの手厚いサービスで躍進しているのと似てる気がしますv-14僕はてっきり、土地持ちの裕福な方が趣味程度にやってるもんだと思ってました^_^;
勉強になりました、ありがとうございます。

2014/03/13(木) 21:54 | URL | とら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する