ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
140412.jpg
プレスポ購入から2年経ったのでそろそろハブのグリスアップをしてみる。
(走行距離は4800km)

140412 (55)
必要な道具は
グリス、13mmスパナ、17mmスパナ
スパナはモンキーレンチでも代用オーケー。
マイナスドライバーや綿棒はあった方が便利。


スパナはbike hand製。13~18mmセットで買いました

作業工程は4つ
①取り外し

 自転車をひっくり返す。
 このとき、サイコンやライトは傷つかないように外しておく。
 ↓
 クイックレバーを緩め、ナットを回してタイヤを外す
140412 (1)
 ↓
140412 (2)
タイヤの中心部はこんな感じ。

140412 (3)
まずはゴム製のダストシールを外す。
手でもいけるが、マイナスドライバーがあれば便利。

140412 (6)s
ロックナットと球押しという2つのネジみたいなもんが見える。
汚れたグリスも少し見えます。

140412 (8)s
ロックナットを17mmスパナ、球押し部分を13mmスパナで固定し、
手前にある17mmスパナを反時計回りに回す。

かなり固い。クレ556などで潤滑しつつ、ゆっくりと全体重をかけながら回して緩めていく。

140412 (9)
ロックナットがとれた。

140412 (11)
球押しが残ってる状態。
この球押しは簡単に取れる。

140412 (12)
球押しを外すと車軸がゴロンととれた。

140412 (12)s
反対側も同じようにロックナットと球押しがあるがここはさわらない。
一方だけを外せば充分で、両方を外せば取り付け時が大変。
そう、大変な事になった…

140412 (14)
車軸を外すと中にある球が見える。
見た感じグリスはたっぷりあるっぽいが、劣化が進んでいる?ような色になっている。

140412 (16)
反対側も同じように球が入っている。
この両方を取り出す。

140412 (18)
入り口が狭く手だけでは取り出せないので
ピンセットやマイナスドライバなどを利用する。
上手く出せず奥へ入ってしまい、四苦八苦。慣れないせいか時間がかかる

140412 (21)
取り出した球。変形やへこみがなくてよかった。
左右両方で計20個。

140412 (29)
取り外した部品。
大事な事なのでもう一度書きますがロックナットや球押しを外すのは片方だけです。
僕は両方外してしまいました。

取り外しはこれで終わり、次は汚れや古いグリスを取り除いてきます

140412 (24)
パーツクリーナーがあれば一発なんですが、
持ってなかったので綿棒で内部を掃除。

140412 (26)

140412 (32)
球もティッシュで拭いただけでこれだけキレイになった。
小さくて転がっていくので無くさないように注意。

2-2へつづく。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する