ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
140415a.jpg
劇団四季、一度は見ておこうということでやってきた。

すごい人である。専用のエレベーターはキツキツだった。
女性がほとんどで子どもたちも多い。

18:30-20:00
休憩15分くらい
20:20-21:30
という3時間にわたる長丁場のミュージカルだった。

歌とダンスは素晴らしいの一言。
特に狂言回し役のラフィキと主役のシンバは上手過ぎる。

(狂言回し…世にも奇妙な物語におけるタモリみたいな立ち位置のことをそう呼ぶ)

僕的には悪役のスカーの声が好きだった。
萩原隆匡さんという方らしいが、
品のあるニヒルさがあって とにかくカッコイイ。目がハートマークになったわー。

衣装デザインも凄い。動物を演じながら人の顔が見えてる。
それを隠すでもなく、デザインの一部としながら
渾然一体となり見事なバランスでの調和がある。

一番の問題点は座席の狭さで、エコノミー症候群寸前。
もうちょい前に広くして欲しかった。

正直、前半はダレてたし足が痛いのでどうしようかと迷ったが
後半の盛り上がりで全部チャラになった感じで最後まで見てよかった。
翌日も頭の中で歌がリフレインしているほどだった。なかなかオススメです


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する