ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
使える情報なのでもう一回書いておきます
140607yt.jpg
予備チューブ、僕はサドルバッグに入れてるんですが
こうやってサランラップに巻いて入れてます。

メリット
空気に直接触れないので寿命が長持ちする。
チューブはゴム製だが、ゴムは空気に触れたり
紫外線あびるとそれだけで劣化する。それを防ぐことができる。

・サイズ圧縮した状態で保存できる
 最小の大きさで持ち運びできる。

・サドルバッグに入れていても振動で すれないので痛まない。
1年くらいサドルバッグに入れていた予備チューブ使おうとした時、
ラップの表面が数枚はがれてました。サドルバッグの中で結構こすれてたようだ。

・古いチューブをそのままサランラップにくるんで持って帰れる

 ゴミが出ない。

保存の仕方も
チューブの空気を完全に抜く

サランラップで巻く、と簡単でオススメ。

参考 あさひの予備チューブの収納方法
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する