ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
140717jk.jpg
16日 夜10時45分頃、埼玉県上尾市緑丘の県道で
会社員(55)の原付きバイクが路上に倒れていた自転車と衝突して転倒、
頭などを強く打ち、間もなく死亡した。

上尾署は自転車を運転していた会社員(20)を過失傷害容疑で現行犯逮捕し、
容疑を過失致死に切り替えて調べる。

自転車の会社員は
「道路で何かに乗り上げて転倒した。後方から来たバイクが自転車にぶつかり、横転した」
などと話しているという。事故当時、自転車の会社員は自転車のそばにいたが、けがはなかった。

読売新聞より
--------------------------

自転車の運転者が逮捕されるという珍しい例です。
相手が死亡したという重大な結果を引き起こしたので
こういう処置をとったのだと思われる。

やはり夜間の走行は昼間よりも危険があって
明るい時間ならなんてことはない段差や落下物も 
暗い時は物騒な障害物になり、直前まで気付かなかったりする。

後は ライトつけてたのか、転倒原因は何か、原付の走行速度は、とかが気になります。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する