ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
150530 (31)
air bone(エアボーン) のスーパーミニポンプ。 約2000円で購入。
黄色で「サイズ99mm  重さ59g」と書いてある。
めちゃくちゃ軽い。

150530 (34)
内容物は 携帯ポンプ、 ポンプをフレームにとりつける台座(黒いやつ)、そしてボルト2個。
説明書は無し。

150530 (29)
マックス7bar(100psi)まで入る

150530 (30)
表記は全部英語。

150530 (26)
デザイン賞をもらったようだ。
年代的に、2008年に発売したっぽい

150530 (41)
サイズの小ささが一番の魅力のair bone。
今まで使っててたproのポンプと比べると半分以下の大きさ。

150601 (5)
なんとCO2ボンベと同じくらいの大きさ
こちらのポンプの方が少し軽い。
このポンプはメタリックカラーで高級感があるのが気に入った。

まずは取り付け

150530 (15)
今まで使ってたポンプの台座を外す。
ボトルケージホルダーを同じところで止めてあるので

150530 (16)
アーレンキー(六角レンチ)を回して外す。反時計回りだったかな?
このボルトは今まで3年以上、一度も触ったことも無かったのだが、まったく固くなかった。

150530 (22)
外したボルト。
これでもパーツクリーナーでキレイにして撮影したのだが、サビてしまっている。
ドリンクホルダーについてるネジなので、スポーツドリンクやジュースがこぼれたり、
汗が落ちてきやすい場所なのでやはり最も錆びやすいんだと思う。

150530 (38)
かわりのボルトが ついてて助かった。さっそく使う。

150530 (53)
まずはボルトにグリースを薄く塗っておく。

150530 (54)
固着防止のためなので、グリースなら どんなものでも良い。

150530 (61)
ポンプの台座、ボトルケージホルダーの順につけて、2つのボルトを締めれば終了。

150530 (68)
早速着けてみる。やはり非常に小さい

150530 (66)
全然目立たない。いいっすねーーー

実際に空気を入れてみよう

150530 (73)
まず、台座についてる金色のバルブアダプターを外す。
これはネジ式で付いているので、走っていても簡単に外れる心配は無い。
150530 (74)
150530 (75)
これをバルブにつけて、
150530 (76)
携帯ポンプの先端に合わせ、グルグルと回して固定する。

150530 (78)
完全に固定されるので、手を離してもこの通り。
バルブアダプターでの取り付けになるため、携帯ポンプによくある
「力をかけすぎてバルブが折れる、曲がる」という問題は無さそうだ。

150530 (80)
あとはシュコシュコと空気を入れていくだけ。
というわけで実際に空気を0にしてやってみた。

・1~100回のポンピング
  軽い軽い。1秒で2往復くらいできる。このペースなら1000回でも余裕っすわ!
150530 (86)
100回で 1bar(14psi)が入った。

101~200回
手に重さが感じられるようになり、どんどん負荷が上がる。ちょっと重いなぁ、くらいの感想。
150530 (87)
200回のポンピングで2bar(29psi)が入った

・201回~300回
 重い。 一回一回にかなりの力を使う。額に汗がにじんできた。内部の空気圧がどんどん高まり、負荷が増えてきている。
300回で3bar (43psi)が入った。
150530 (88)

・301回~350回。
毎回フルパワー。 手首が痛い。
150530 (90)
計算どおり、 350回で3.5barくらい入ってる。ここで一旦ギブアップ。

このように100回で1barの空気が入る事がわかった。
つまりマックスの7bar入れるために700回のポンピングが必要になる。

ここに来るまで、空気圧を撮影するため
携帯ポンプで入れる→普通のポンプに繋いで数値を測る→空気ゼロにして1から入れなおす。
という工程をやったので実際1000回くらいポンピングしたから僕が疲れただけかもしれんが、
300回目くらいからはかなりの根性が必要になる。
正直、マックスの7barまで入れようと思えばかなりの力自慢か、時間に余裕があるときでなければ難しいだろう。

しかしマックスまで入れれなくても、4.5barくらいまで入れれば自走はできるそうなので
そこまでは頑張ろうと思う。

グランジ ポンプアダプター
グランジ
売り上げランキング: 5,067

↑このポンプアダプターがあればポンプ単体よりも断然空気が入れやすくなるそうだ。
実際に購入者のレビューもほとんどがこの軽量ポンプを使っていた



このポンプの良いところ、悪いところ

良い点。
 サイズがコンパクト。背中のポケットに入れても邪魔にならない。
 150530 (45)
サドルバッグに入るくらい小さいので、持ち運びの自由度が広がり、これ一個で数台の自転車に使いまわせる。
クロスとロード持ってる僕には大変重宝する。
また携帯ポンプをサドルバッグに入れておくことによって、紫外線などによるポンプの劣化を防げる。
前のポンプは数回しか使ってないが、3年で壊れてしまった。
しかしサドルバッグに入れておけばもっと長持ちすると思う。
 
ネットのレビューを見ても、「お守り代わりに持ってます」という人が多かった。

悪い点
・ポンピングが大変。
これは小さいポンプの宿命なので割り切ってます。
それ以外のデメリットはないかな。長持ちしてくれたら文句無し!

air bone(エアボーン) スーパーミニポンプ ブルー
air bone(エアボーン)
売り上げランキング: 8,020



この記事へのコメント
偶然たどり着いて、LOTOの購入経緯一気読みしてしまいました。
BASSO乗りが増えるのは嬉しいですね。
携帯ポンプですが、同じく小さいのが欲しくて同じようなものを購入しましたが、輪行時その他で空気を入れることが多くなったので、現在はこちらを使用しています。
http://www.diatechproducts.com/lezyne/micro_floor_drive_hp.html
7気圧位までは楽に入ります。次回は検討してみてください。
携帯性重視の時はボンベに落ち着きました。
2015/06/01(月) 23:26 | URL | 高槻太郎 #-[ 編集]
高槻太郎さんへ
高槻太郎さん はじめまして、こんばんわ。
ブログを読んでくださりありがとうございます。
BASSO乗り出してもうすぐ1年になろうとしていますが いい自転車ですね!
走ってるとどんどん馴染んできました。
買う時は悩みましたが本当コレでよかったと思ってます(~o~)


貼ってくださったurlを拝見しましたが、ショップでも見た事がない商品。
めっちゃ高性能っぽいですね。「ハイスピードツーリングなどにオススメ」という一言にやられました。
情報、ありがとうございます!次回の参考にさせてもらいますー



2015/06/02(火) 20:47 | URL | とら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する