ロードバイク(BASSOのLOTO)、クロスバイク(プレスポ)乗りのブログ
150725.jpg
5年前、熱中症になったことがある。

真夏の昼に 3時間ほど歩いていた時になった。しかし自覚は無い。
少し頭痛はしたが、「暑い時には良くあること」だと気にもしていなかった。

異変に気づいたのは家に帰ってから。
涼しいクーラーの部屋にいるはずなのに、体温は下がらず、汗も止まらない。
体は あの炎天下で歩いている時のままだ。1時間たっても、2時間経っても汗はダラダラ。
完全に体がバグっている。

頭痛はひどくなり、体はだるい。どんどんしんどくなってきてくる。
体力が低下していくのが自分でもわかるが、どうしようもなかった。
夜にはなんとかおさまったが、「これはお年寄りや子どもが死んでしまうのはよくわかるなぁ・・・」としみじみ思った。

原因は水分不足。3時間汗だくで歩いて、500mlのお茶1本しか補給していなかった。
今なら2、5リットル以上は摂ってるレベルの気温。まったく足りていない。
もともとインドア派だったので、どの程度 水分補給すべきかもよくわかっていなかったのも敗因だ。

そんなわけで今は「飲みすぎじゃねーの」というほど水分補給している昨今です。
この時期は1時間1リットルが目安。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する